養魚用フィードオイル

理研フィードオイルΩ

理研フィードオイルは、日本で初めて開発された養魚用飼料油で、当社では1961年に発売を開始しました。それ以来、養魚家の皆さまに親しくご使用をいただき、その後品質もあらたに理研フィードオイルΩと名称を変えて、今日で40余年となりました。養魚の飼料油といえば、理研のフィードオイルといわれるまでに広く使われております。全国各地の水産試験場からその優秀性が認められ、さらに養魚用飼料油脂研究会の推奨品ともなって、うなぎをはじめとして、にじます、あゆなどの養魚の成長促進に大きな効果を上げています。
 みなさまもぜひ理研フィードオイルΩで養殖採算の向上をお計りください。

理研フィードオイルΩの特長

  1. 原料は新鮮なスケソウタラから抽出・精製された肝油です。
  2. オメガ3酸を含む高度不飽和脂肪酸が、特に養魚の成長に大切であることは知られています。理研フィードオイルΩにはオメガ3酸が安定化された形でバランスよく入っています。
  3. 養魚の成長に必要なビタミンA、D3およびEが含まれています。特にビタミンEは脂肪の吸収をよくし、魚の健康を守るため大いに役立ちます。

概要

原材料名 スケソウタラ肝油
飼料添加物 ビタミンADE、BHT(0.02%)
取扱上の
注意
  • 直射日光の当たらない所に保管してください。
  • 缶のフタは必ずしめて、開缶後はなるべく早めの使用をおすすめします。
  • 調餌した後は直射日光を避け、できるだけ早く与えてください。

※冬季保存中、ロウ状の物質が析出することがありますが、これは天然油脂として必要な成分ですので、よくかき混ぜてからお使いください。

荷姿 180kgドラム缶入

姉妹品 理研フィードオイルMS

理研フィードオイルMSの特長

理研フィードオイルMSは、新鮮なスケトウタラから抽出した肝油を主体に植物油とイカ肝油を配合調整した養魚用飼料油で、主にタイ、ブリ等海面養殖に広くご使用いただけます。

概要

原材料名 スケソウタラ肝油、イカ肝油、確認済動物性油脂
飼料添加物 BHT(0.02%)
取扱上の
注意
  • 直射日光の当たらない所に保管してください。
  • 缶のフタは必ずしめて、開缶後はなるべく早めの使用をおすすめします。
  • 調餌した後は直射日光を避け、できるだけ早く与えてください。

※冬季保存中、ロウ状の物質が析出することがありますが、これは天然油脂として必要な成分ですので、よくかき混ぜてからお使いください。

荷姿 180kgドラム缶入
このページのTOPへ